sognamo insieme

昨日の推しに会いに行く

矢崎広と私4

 

 

  

 

 

 

  

お分りいただけただろうか。だれが夢中ってわたしがニニギ様に夢中である。ちなみにこの時の私の平均ツイート数は1ヶ月30ツイートほどである。全くツイートしない月もあったし、舞台を観に行ったりハマったドラマがあった時にたまに盛り上がってツイートする程度だった。今は1日30ツイートくらいしてるけどw

それなのにこのニニギ様への盛り上がりである。この時も矢崎広ではなく(実際矢崎広も大好きになってたんだけど)ニニギ様が大好きだった。どうぶつの森をニニギ村にするくらい好きだった。いえ、現在進行形で好きです。

かみばなは大好きだったのでまたやってください。コンスタントに矢崎広をテレビで観れるって、今考えるとなんて幸せだったんだろう。プレミアの巣窟もあったし。

7月は舞台自体おやすみして、8月、ドラキュラへ。

正直、この時期私はメインキャストを張る矢崎広しか観るつもりがなかったので、ドラキュラは一切行く気がなかった。にも関わらずなんでだか足を運び、あまり自分好みじゃなかったから行ったことすらツイートせずに終わるのです。和央さまがかっこよかったね!

 

そして10月、矢崎広に背中をどーんと押されて底なしの沼へ沈んでいくのです。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

矢崎広土方歳三は、私がこれまで観たどの矢崎広より矢崎広ではなく、また俳優・矢崎広だった。これに関して異論はあると思いますが、あくまで私の感覚です。

人はここまで自分を消せるのかと衝撃を受けた。

全てを背負い込んで自分の責任にして、ボロボロになりながらも立ち続ける、戦い続ける。ジェットコースターのような展開の中、一筋の信念や、土方歳三の生き様みたいなものを背中で表現していた。

それと同時に矢崎広という俳優のことが大好きになっていた。

何故だか分からないけど、矢崎広の面影が見えない役を演ってるのを観て、私は矢崎広という俳優を好きになっていたのです。

 

この後語るのはるフェアなんだけど、過去ログがつらくて見れない・・・笑

本当に観てるのもつらくて、でも、それでも通い続けた日々。

みんなで歌うところもしゃべるところも声が聞こえてきて、「そんなに頑張らなくていいよ」と言いたくなった。

なんて不器用で真っ直ぐな人なんだろうと思った。矢崎広を好きになる前は、役をとりあえずこなすことができる器用な俳優だと思っていたのに、不思議なものです。

マチソワ共にトラブルだらけで、声も治ってなかった収録日を終えた前楽、第一声でまだ治ってないことが分かって、諦めた私に矢崎広は観た中で一番の義経くんを見せてくれました。

本当にこの人は兄のために死んでしまうと思った。全てのコンディションが悪い中で、観てる人すらも諦めている状況で、矢崎広だけは諦めてなかった。

矢崎広を全て肯定するファンになろうとその時思った。

どうしても愛が故にdisりたくなっちゃう時もあるんだけど、常に矢崎広の味方でいよう、そういう応援の仕方をしようと思ったのでした。

自分でも肯定しかしないなんて偏ってると思うし、厳しいことを言ってくれるファンはもちろん大事だけど、私はこういう応援をしたいなって。矢崎広はすごい!矢崎広は素敵な俳優ですって、世の中に少しでも広めることができたら。

お手紙にはたまに厳しいことも書いていますが^^;

このブログやSNSなど世の中には絶賛だけを発信したいなって思ってます。できたかはわからないけど。

ついつい厳しいことも書きたくなっちゃうんだよね。それは期待からくるものなんだけど、(あと私の性格)、なんとか今年はもっと矢崎広を絶賛していきたいです。

話がそれましたが、2014年1月1日、カウントダウンを京セラで迎えながら気持ちはNHKホールに飛んでいき、「私が今一番応援したいのは矢崎広だ」と気づいた私は、8年間応援していたhyphenを辞め、矢崎広クラスタになったのでした。

 

《過去記事》

 

k1mg.hatenablog.com

k1mg.hatenablog.com

k1mg.hatenablog.com