sognamo insieme

昨日の推しに会いに行く

スカーレット・ピンパーネル

東京公演と東京凱旋公演を観に行きました。

<あらすじ>

1789年、王制に対する不満を爆発させた民衆が蜂起し、フランス革命が勃発。その後、ロベスピエールを指導者とするジャコバン党が権力を振りかざし、元貴族らが次々と処刑される恐怖政治が続いた。

嵐が吹き荒れる混乱の中、無実の人々を断頭台から救おうと立ち上がったのは、イギリス貴族のパーシー・ブレイクニー。

彼は仲間と共に「スカーレット・ピンパーネル」を結成し、知恵を絞った救出計画を秘密裏に敢行。その活躍ぶりは瞬く間に広まったが、女優を引退しパーシーの妻となったマルグリットでさえも正体を知らず、いつしか夫婦の間に大きな溝が生じていた。フランス政府特命全権大使のショーヴランは元恋人であるマルグリットに接近。ある取引をチラつかせながら心のうちを熱く、甘く語りかけ、ピンパーネル団の素性を暴こうと執念を燃やす。

愛を疑うパーシー、愛を信じたいと願うマルグリット、愛を利用するショーヴラン。恐怖政治の嵐の中で愛憎が交差し、物語はスリリングな展開をみせてゆく…。

<感想>

フランス革命のその後の話をイギリス側から描いた作品。

1789観たし大丈夫でしょうとタカをくくっていたら、意外とついていくのが大変でした…

東京公演と凱旋公演の間に安蘭様の宝塚版スカーレット・ピンパーネルをDVDで拝見してとっても補完されたので、ちょっと腑に落ちなかった方は宝塚版観てください。安蘭パーシーがイケメンすぎて鼻血出ます。

基本的にはパーシーとマルグリットにショーブランが入り込んで過去と秘密に翻弄される三角関係が中心になっています。

設定が美味しすぎて、すごくごちそうさまだったんですが、あんなに歌多かったのに何故か関係性や想いなどが見えにくかったなあ、と。

歌→芝居→歌っていう切り替えがショー構成のように見えて、あんまりハマらなかったのかなあって思います。

あと、単純にショーブランの歌の方が好みだったのもあります。マダムギロチン好きだなあ…!

「ひとかけらの勇気(悲惨な世界のために)」や「炎の中へ」「あなたこそ我が家」も名曲ですけどね!ただ、曲の使い方が宝塚版の方が好みだったのもあり、余計にショーブランやロベスピエールのいわゆるヒールの歌の方が素敵に思えてしまいました。

でもお話は勧善懲悪ものだし、サクッと楽しく観れました。時代ものに勧善懲悪なんてあるのかなっていう部分もありますが、ロベスピエール側からも描いていたのも良かった。

あと、とにかく全員歌うまですし…!!

石丸さんも石井さんもとにかく歌うまですし、安蘭さんは美しくて歌もいい…!

安蘭さんのお顔立ちがすごく好きで途中からマルグリットに心奪われすぎてました。

そして矢崎さん演じるアルマンと安蘭さん演じるマルグリットが、もういっちゃいちゃ姉弟で!!

アルマンがマルグリットの結婚に付いて海を渡ってイギリスで暮らすことからも分かるように、2人は2人だけで生きてきたんだなあ、という印象をすごくうけました。なにかあるとすぐ抱き合うし、「1人にしないで!」とアルマンに言っちゃうし、『あなたこそ我が家』を2人で歌っちゃうし、マルグリットが助けに行っちゃうし。2人は2人だけで助け合って生きてきて、2人ともがパーシーを好きになったから出会って6週間でイギリスに渡ったんだなあ、と思います。

韓国ドラマの『華麗なる遺産』のウンソンとウヌみたい。日本ではあまり考えられない関係性ですが、外国だとアリなんでしょうね。

アルマンが超かわいくて…!これはほんと贔屓目なしに可愛かったです。

いつも言うように矢崎さんの間の取り方がすごく好きなんですが、アルマンはそれが存分に発揮されてました。

基本的には男らしく勇敢であろうとしながら、ちょっと(かなり?)ぬけてる愛らしい役って、言葉にすると想像できないですね笑

今年は弟(分)な役が多かったので、すっかり板についているなあ、と。

ビジュアルもめっちゃくちゃ好みでした…!本当ありがとうございました…!

あと、特筆すべきは歌!!!JB以上の成長を遂げていて、誰ですかこの方状態…!!

発声法自体かなり変わった気がします。

安蘭様との「あなたこそ我が家」は短かったけど、記憶から失いたくないくらい素敵でした。

アルマンはピンパーネル団としているのですが、序盤以外はそんなに共演シーンはなく、ピンパーネル団の若手たちもたくさん凝視できて、目が2つしかない身としては助かりました笑

基本的にちゃんともやもっくんを見ていたんですが、上口くんが素敵すぎていつも目を奪われていました笑

ポージングの1つ1つの美しさ、目線の使い方が上手すぎて…!!

ピンパーネル団は出番としては満足なんですが、もう少しキャラクターを知りたかったなあ、と。

もっと出番の少ないロベスピエールの方が印象づけられたので…

しかしその分フリーダムなアフトクはとんでもなく面白かったんですが!

お話的には小池先生監修の宝塚版の方が好みなので、ぜひ観に行ってみたいと思ってます。

完全に思惑に嵌められてる感じはありますが…笑