sognamo insieme

昨日の推しに会いに行く

りさ子のガチ恋♡俳優沼

何かに必死で生きていることは、側から見ると滑稽でしかないかもしれない。それでも私は今を必死に生きていく。

 

Twitterでは書ききれなかったので、ブログにしたためることにしました。

奇しくも推しが結婚して1ヶ月が経って、ようやく自分を外から見つめられそうなタイミングで観ることができたこの公演。

感想としては、観ることができてよかった。救われた。それだけです。以下ネタバレ。

 

【ストーリー】

26歳、彼氏なし。OLりさ子の趣味は舞台観劇。

大好きなイケメン俳優しょーた君を追いかける日々。

彼が出演中の2.5次元舞台『政権☆伝説』に大ハマリ中。

 

最前席で全通。グッズもコンプ。そして高額プレゼント。

「がんばってる姿を観られるだけで幸せ」そう思いつつも。

彼のちょっとした「特別扱い」に心ときめいていた。

ある日。ネットでしょーた君に彼女疑惑が持ち上がる。

彼との匂わせを繰り返す女が気になり暴走するりさ子。

エスカレートする迷惑行為。その行きつく果ては……。

 

俳優とファン――「この関係で、私の気持ちは届くのかな?」

演劇業界の闇に切り込む、見て見ぬふりをしたかった愛憎劇。

 

 

www.finepromotion.co.jp

 

【感想】

きっと、俳優オタクを嘲笑うような、コメディ仕立ての話なんだと既に想像で少し腹立たしく思いながら観に行きました。

この世界にいると、観客はあまり自分たち自身でお客様は神様思考にはなれないんです。むしろ私自身は応援してることをどこか引け目に思っているというか。可愛い子なら嬉しいだろうけど、私はどう考えても可愛くもスタイル良くもない地味で覚えにくい顔の女なので、しかも妙齢で、まあ多分そんな地味な女が顔を覚えてしまうほど毎日毎日劇場にいたら、スタッフさんとかはこわいんじゃないでしょうか。こいつ俳優と付き合いたいんじゃ、とか思うんじゃないんですか。知らんけど。

そういう割にそういう層向けのチケットの売り方をしてたりするじゃないですか。恐らく馬鹿にしていながら。だから正直なところ観に行くのがこわかったし、少しでも観劇オタクを馬鹿にするような描写があったら糾弾する気まんまんだったんです。

が、

りさ子もたまちゃんもアリスちゃんもみんな私だった。私の中に確かに存在する人たちだった。

きちんと1人の人間として尊重して描かれていたのが、本当に本当に嬉しかったんです。

岐阜から遠征して観劇にくるたまちゃんと、実家でやりくりしながら通うアリスちゃん。そして全通コンプの追っかけ、りさ子。

全員この世界には溢れるほどいる。そしてみんなの考えていることが分かりすぎるほどわかる。

松澤くれはさんはどこのオタクを潜入調査したのかってくらいリアリティのある世界でした。愚痴垢もあれば、行けませんリプもあり、特定垢もある。この業界の人がここまでオタクの世界を分かっていた、ということがこの舞台を観て得た大きな収穫です。

 

わたしはそもそも全通はもちろん出待ちとかもしないので、認知なんて程遠いゆるいオタクなんですが、それでもオタクって板の上の俳優とどこか通じあってると思うんです。

馬鹿みたいでしょうか。

滑稽でしょうか。

客席と板の上で分かり合えることはひとつもないんでしょうか。

事実はそうなのかもしれない。

でもきっとなにか通じ合えるものはあると信じてるから私は応援できているのです。

 

りさ子たちが応援しているしょーたくんは24歳とは思えないほど人間として本当に出来た子です。こんな俳優いたら推せます。

しかしストーカー行為をされて、妄想ブログ書かれて、乗り込んだ彼女を監禁されナイフ突きつけているファンとしっかり話して、ファンの心の闇と向き合って気持ちを受け止められる俳優なんてこの世にいるんでしょうか…。いたら本当に素晴らしいですけど、俳優の仕事はファンの心の闇と向き合うことじゃないので、それはセラピストさんに任せて全然大丈夫です。責めないです。でもしょーたくんは素晴らしい。若手俳優がしょーたくんに1ミリでも共感できるのであれば、この世はバラ色なのかもしれない。それ以外はあまりにリアルなのにしょーたくんだけ存在がファンタジーすぎてこんな人いるのか全然信じきれない自分がいました。

りさ子は途中まで物凄く共感できて、途中から踏み込んではいけない一線を越えてしまって感情についていけなくなるんですが、最後にしょーたくんに畳み掛ける独断場が、全部共感できるんです。ガキさん凄すぎました。ひとつひとつが全部すとんと自分の中に落ちてきて、言って言ってー!もっと言ってー!ってなりました。

これ、めちゃくちゃ怖くないですか。実際にストーカーされている場面よりホラーでした。だって私にもりさ子は少なからずいるんだもん。多分ほんの数センチの心のズレが私とりさ子を分けているんです。

 

りさ子にとってなによりショックだったのは「彼女はいない」と嘘をつかれたことで、いるならいるって言って欲しかった。好きな人の好きな人を好きになれるかもしれなかったのに。何が起きても大丈夫だと思ってたのに彼女がいるって知った瞬間全部信じられなくなった。付き合ってほしいなんて思ってなくて、ただ、少しでも特別になりたかった。お金と時間をかけていたのに、イベントで「初めまして」と言われる人間なんだと突きつけられたのが受け止められなかった。

 

私は泣きながら聞いていました。共感しすぎていて。しょーたくんは全部受け止めてくれます。ファンである以上、りさ子を嫌いになんてなれないと言って、全て正直にご報告ブログを書きます。

りさ子は2人を解放してチケットを破り捨ててしまいます。

「愛はいつも私を裏切る」と言って。

そして、カーテンコール。幕が降り、りさ子が客席に現れ、新しい推しにお疲れ様でした、と言って幕。ラストは舞台自体もカンパニーの色恋沙汰で降板になったり、後味悪かったです。

 

結局りさ子は原敬のしょーたくんが好きだっただけで、しょーたくんのお芝居自体には魅力を感じてなかったんだなあ、とちょっと残念な気持ちになりました。原敬降板したらどうしたんだろう…。私は実際そっちの出来事の方が病んだので…。

 

私自身、りさ子のような感情ももちろんあるけど、でもそれより推しに幸せになってほしいし、役者としてもっともっと頑張ってほしい。認められてほしい。そしてなにより私は彼のお芝居がとてもとても好きなので、もっとたくさん観たい。 だから結婚しても大好きです。既婚者に大好きというのは正直自分の倫理観とのたたかいなんですけど、大好きです。ここが、この気持ちが、私とりさ子を分ける一番大きな隔たりなのだと思います。

私はりさ子にはならない。とても近い感情はあったと思うし、今もあるけれど、俳優としてとても好きだからこの線は踏み越えない。

結婚発表された時、この感情を人に説明することがとても難しくて、一般の人はおろか同じファンはおろか自分自身でもよく分かっていなくて。

名前もつけられず、この1ヶ月もやもやとしていた気持ちをこの舞台を観たおかげで少しずつ晴らすことができて、本当に観て良かったと思いました。

誰にも分かってもらえないと思っていたのに、分かってくれる人がいて、しかも演劇界にいる。震えるほど幸せでした。

色んな若手俳優若手俳優の彼女(笑)、若手俳優オタクの皆さんに観てほしいです。

演劇界に一石を投じる良作でした。

 

そして私はまた明後日からの推しの初日向けてお手紙を書くのでありました。