sognamo insieme

昨日の推しに会いに行く

モニタリンGood! ~それが大事~

なんだかんだと毎日観に行っていました。

芸人さんの瞬発力を遺憾なく発揮していた舞台でした。

◆あらすじ

場面は、とある普通のカラオケ屋。
2つの部屋に設置されたカメラの映像をモニタリングするTV番組のディレクターである久馬と石田。
2つの部屋では、解散寸前の漫才コンビ、不倫カップル、女子会の面々などなど様々な客が来店し様々な人間模様を描きます。その模様を二人は眺め、語り、時に店員として部屋に突入します。
その客たちの絡み合った関係性が明らかになり、 さらにあの歌手が本人役で登場し、この物語の意味が紐解かれ、やがて物語は大団円へと向かいます。さて、番組は無事収録できるのか・・

 

monitoringood.yoshimoto.co.jp

 

あるカラオケ屋さんでモニタリング収録をしているTVディレクター*1を石田さん。そのカラオケ屋さんの店主を久馬さん。この2人がほんとに凄くて…!!!毎回毎回掛け合いが全く違って毎回毎回笑い取ってました…。

芸人さんってすごい…。

カラオケしてるお客さんへのいじりも毎回変えるし、その時隣で聞いてる方の反応も毎回変わる。何度見ても楽しく観れる舞台でした。

 

カラオケにいるのは女子会、解散しかけの漫才コンビ、メンテナンスの人、面接の人、不倫?カップル、立川さんご本人。

この人たちが実は色々な関係を持っていて。どんだけ狭い街のカラオケ屋なんだって話ですけど笑

みんなリアルな演技で「あるある〜!」と思っていました。

 

その中で矢崎さんは解散を切り出す漫才コンビの相方、空くん。優しくて才能があって顔も良くてめちゃくちゃ良い人。なんだその設定って感じですが、矢崎さんがやると嫌味がないというか、嘘っぽくない。

これは本当に矢崎広の強みだなあと思ってます。もっとどろどろ悪い役でも結局好きなのでファンの欲目もあるかもですが。

現相方の太陽くんはさらば青春の光の森田さん。推しのプロとの漫才が観れるなんて思ってなくて最初は変な緊張が走りました笑

そんなの杞憂でめちゃくちゃ笑ったんですが!

ネタは石田さん作なのかなあ。すごく私好みでした。

漫才以外の掛け合いも面白くて、ひたすら愛しかったです。空くんは太陽くんにだけちょっと冷たいんですけど、そういうところも好きでした。

解散の場面や元相方の植ちゃん演じる忍くんとの場面はさすがの一言。泣く場面ではないのについ泣いてました。

笑いの場面もシリアスな場面も、矢崎さんは「なんて表情するんだろう…」って思わされるなあ。

そういえば青山空って名前が可愛すぎて、公演中やたらと連呼してました笑

石田さんや久馬さん、森田さんに推しをいじってもらえるのは嬉しかったです。もっと言ってほしいくらい*2

 

そしてこの作品で1番爪痕を残した植ちゃん。久しぶりの植田くんがこんなに出来る子とは思わず、びっくりでした。

甘い顔で可愛い割にしっかりしているのは知ってたんですが、ここまでする??ってほど全力で身体張っていて、私が観てなかったここ数年で一体なにが起きたのか不思議…。

加藤啓さんとのおっさんずラブ、毎回口がぶつかるくらい文字通り全力でぶつかっていて、なにを観ているのかよくわからなかった…。毎回顎が外れるかと思うくらい笑いましたありがとうございました。

 

昨年の魔王コントをきっかけに、石田さんのお芝居好きだなあと思っているので、*3次回は是非矢崎さんとがっつり絡む場面のある作品も観たいなあとわがままなことを思っています。

 

 

*1:AD1人以外の全てのスタッフからストライキ

*2:早乙女太一様レベルでいじってくれるとめちゃくちゃ輝きます。私調べです。

*3:熱海殺人事件最高でした!