sognamo insieme

昨日の推しに会いに行く

贋作・好色一代男

初日と2/9マチソワです。

今考えるとなぜ千秋楽行かなかったのか疑問しかない(チケットの問題)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛利さんは何回もありましたが、少年社中の観劇は初めてでした。

シンプルですが凝っているセットと鮮やかな衣装と素敵な照明と華やかな音楽とでお祭りのような、賑やかさと華やかさと鮮やかさ溢れる素敵な舞台でした。

個人的には、お金をかけたセットも大好きですが、もういっそ徹底的に排除しているものも好きです。

ちゃちなセットになるよりは見ている人の想像力に任せているものの方がしっかりとその世界に入り込めるので。映像に頼っちゃうのはあんまり好きじゃないかな。個人的には、ですが。観客の想像力を舐められている気持ちになります。

 

しかし、セットをシンプルにするとその分視覚的に華やかさを出すのが難しいと思うんですが、目に眩しいくらいキラキラしていて、やってのけちゃっているのが社中さんの素晴らしいところかな、と。

過去ログを読むともうこの時期は恋愛感情に近いものを世之介様に抱いていますね笑

矢崎さんの本当の性格は分からないですが、私のイメージする矢崎広にかなり近く描いていて、それがまたいい男なもんだから毛利さんすごいなーって感じです。

矢崎広の秘めている色気みたいなものが全開で描かれていて、その前にBUMPもあったものだから、Twitterに18禁ワードが飛び交っていましたw(言い訳)

世之介という男は調子が良くて、優しくて、誰かを助けるためならお金に糸目をつけない人物。

その根底には「人に嫌われたくない」という思いがあって、どうしてそこまで強くそういう思いがあるのかいまいちよく分かっていなかったのですが、まあ誰しもそういう思いは大なり小なりあるし、彼の場合は両親が特殊だし、お金もあるし、「人に嫌われたくない」という気持ちが強くあるのかもしれないと思うようになりました。

 

とにかくお話としてとてもよく出来ていて、また一人一人のキャラクターが個としてしっかりとあるので、色んなキャラクターの立場から観れるのが楽しかったです。

 

毛利さんは私の観たい矢崎広をドンピシャに見せてくれるので、また毛利さんと矢崎さんのタッグを楽しみに待っています。