sognamo insieme

昨日の推しに会いに行く

ツキステ。第6幕「紅縁」

これは軽率にツキステ。にすってんころりんしたオタクの記録です。

 

ミュージカル薄桜鬼で大好きな土方さんを演じてから、松田の岳くんの舞台には大体足を運んでいるんですけど、彼が薄ミュから去って選んだのは…アイドルでした。(美容師*1もやってたけど)

 

7月、今年の年末もBSPかなーっとぽやぽやしてた私とお友達に起きた青天の霹靂。アラサーにして初めて挑むアイドル舞台。もうジャニーズのコンサートでも立ちっぱなしがしんどい。ステフェスも腰が痛かった老いの実感が始まっているこの時に初めてのアイドルもの。

しかも第6幕。1ミリも分からないのにいきなり第6幕。

 

🍁黒の章(Six gravityメイン)

🍁赤の章(Procellarumメイン)

※黒の章・赤の章ともに登場キャストは共通(12名全員)です。
本編物語の大きな流れは共通ですが、 各ユニットごとのやり取りがそれぞれ追加されます。
※ダンスライブは全日程グラビ・プロセラの合同ライブとなります。

(公式HP)

 

 

…????

初日に行ったお友達から「うちわ!うちわがないと浮く!」と言われたので、うちわ作りながら(妹が)とりあえずアニメ第6話まで視聴しました。

筋金入りのオタクなのでこの時点で登場人物の名前とグラビとプロセラの構成は覚えられました。オタクってすごい。

 

ツキノウタ。

ツキノウタ。

 

 

ちなみに初日初見で見たお友達の初心者向け(薄桜鬼履修前提)のツキステ相関図面白すぎるので転載します。

f:id:k1mg:20181105233056j:plain

ツキステ相関図

 

薄桜鬼知ってると位置関係が非常にわかりやすくてめちゃくちゃ役立ちました。

葵ちゃんありがとう。

各所から怒られたら消す。

 

ツキアニがとても和やかにアイドルがキャッキャしている様子を描いたものだったので、そんな感じなのかなと思って観劇したmy初日。

第1幕、わたしが見たものは天狗同士の抗争と世代交代でした。

アイドルしてない!天狗が主役!?そして内容が想像してたよりハード…。

この時点で2時間!びっくりした!2時間!!

 

休憩終わって会場内に戻ったら

うちわ!ペンラ!ペンラ!リングライト!ペンラ!リングライト!ペンラ!ペンラ!

もはやペンラ1本の人なんていないのではレベルにお客さんが光り輝いている…。みんなどうやって色変えてるの…?拍手してるの…?手は2本しかないのに…。あ、それとは別にお客さん良い人めっちゃ多かったです。民度高かった。

そしていよいよライブパートスタート

なにこれ…楽しい…楽しすぎる…ダンスうまい…キラキラしてる…

歌わないので皆ひたすらめちゃくちゃ難しいダンスをキレッキレで踊るもんだから、そうだこれ、2.5次元ダンスライブ ツキウタなんだと思い出しました。

そしてこれまで見たことない松田岳…いや春さん!!!がいて笑う膝。

いつも色っぽいなあと思っていたダンスをこれでもか!これでもか!と色気100倍増しにして殴りつけてきた感じ。ジャンプも高いし腰がめちゃくちゃエロいし目線も指先まで全部神経が届いていて美しい…。 個人的にメガネ属性がなかったのですが、それすら色っぽい…メガネで優しくて微笑んでるのにたまに真顔になる色気…どこでそんな技身につけたんだろこの人…。

直視できない…立てない…何回か倒れそうになりながら、結局ちゃんとペンラが振れることなくあっという間に1時間のライブが終わりました。

グラビメインの黒の章とプロセラメインの赤の章。どっちも楽しすぎて1回の予定が黒→赤→黒→赤→黒→黒→赤と通ってました…赤もう一回行きたかった…ビーマス*2

 

ファンサービスもすごくて、みんな誰のファンでも大体目が合えばなにかしてくれるという好待遇っぷり。始さん不器用でエロい隼様ガクト海の妹になりたい新のシャカリキファンサ愛しい葵くんジェントル夜おかん陽お前に泣く駆と恋がいないと始まらない郁くんスパダリすぎ推せる!涙くん女として完敗!3回入る頃には全員愛しくなって箱推しです。でも春さんが一番です。

頑張りがいありすぎるのでペンラ複数持ちしたいんですが、いかんせん私も推し*3と同じくらいマルチタスクが苦手…。2本で手がつる…。

4本の持ち方*4を他の人を見つつ勉強したので、今年の目標にします。

最後に見た黒のGravity!を聴きながら、この幸せが終わるのが悲しくて泣いていました。

こんな楽しい演目に連れてきてくれてありがとう岳ちゃん。役を受け継ぐことの多い岳ちゃんは、今回も色々と悩んだことと思いますが、私が見た彼史上最も輝いていたように思って、ここにきて松田岳にもドーンと落ちてしまいました。

これからもまだ楽しいことたくさんなツキステ。なんで海はマグロとキノコのネタなのか、新の失恋レッドってなんなのか、コーレスの終わり方なんなのか、分からないことが山積みですが、少しずつ覚えていきますー。

12月もこれからも楽しいことがたくさん。

神様、どうかこの哀れな初心者に第7幕のチケットをください(切実)

 

 

*1:クレスト・シザーズ

*2:年齢制限かけなきゃいけないレベルでやばかったもう一回観たかった…

*3:矢崎の広氏

*4:全部の指に1本ずつ挟むんじゃなく、親指人差し指で2本、人差し指中指で1本、薬指小指で1本持つ

あなたも知らない舞台裏

栗原沙織は決して惨めでも可哀想でもなんかない。

 

りさ子に続き今年も松澤くれはさんの描く醜い演劇を観にいきましたので感想を。ネタバレありです。

 

売れない若手演出家・呉原(くれはら)くんに転機がおとずれる。
2.5次元舞台『けまりストライカーズ!』のプロデューサーに大抜擢!

しかし彼を待っていたのは「演劇界の闇」だった……。
虚言!妄言!騙し合い! 枕営業に資金の横領!
上司の悪徳プロデューサーに振り回されてトラブルばかり。
やがて彼は自分が利用されるだけの駒だと気づいてしまう。

「この世は腐ったモン勝ちだ。キレイな奴から捨てられる」
蔓延る芸能ゴロたちがささやく。悪に染まれと誘惑する。
いくらでも代わりのきくこの業界で、彼は自分の価値に思い悩む。

裏切られても、人を信じることで道は開けるか?
演劇は夢いっぱいのエンターテイメント。その舞台裏だけを、あなたに。

 www.birdlandmusic.co.jp

 

昨年の「りさ子のガチ恋♡俳優沼」は観客側の人間模様をこれでもかとリアルに描いた問題作で、正直なところ私の昨年の観劇ランキングでもベスト5に入る舞台でした。

 

k1mg.hatenablog.com

 

ちょうど推しが結婚してすぐだったこともあり、改めて俳優と観客の距離を見つめ直すきっかけになりました。

DVDを購入したのでまた見返そうと思います。

 

今回は、よく言われる芸能界の闇に焦点を当てた作品。

昨年に比べるとどこがリアルでどこが誇張してるのかはよくわからなかった。全部本当なのかもしれないし、全部嘘なのかもしれない。だって知らないから。

でもどこかで聞いたことのある、芸能界でまことしやかに噂される様々な黒い噂。

実際、出てくる女優はみずみづ以外*1プロデューサーに身体を売っていたりする。平成最後の夏になっても、女性は身体を売らなきゃ商品価値を高められないんだよ。絶望だわ。「me tooに書くなよ!」とか言ってるけど、選ぶ人間違えたら明日にでも書かれるでしょあんなん。ジャニーズですら暴かれる時代だよ…?

きっと栗原さんはエキストラしか貰えないと知っていたら抱かれなかっただろうから、やっぱり最初にどういう役をもらえるのか、枕するにしても契約書はきちんと交わすべきなんだなあと思いました。

平井Pはとにかく生理的に無理だったんですが、この役を引き受けた林さんは役者として本当に凄い。

栗原さんのホテルの場面はしんどかったですけど、結局人は自分の人生を全部自分で選んでいる。くれはさんはこの舞台でそれを言いたいのかなあ、となんとなく思っています。

 

だって成功している同期の杉本が裏切られて借金背負わされそうな呉原*2に「全部、お前が選んだことだよ」って言ってますし。あと「人のことを知ろうとすれば解決する」とも。めちゃくちゃその通りだと思いました。杉本は賢くてごもっともで好きだったなあ。腐りかけで斜に構えてるけど、呉原のことちゃんと考えてアドバイスしてる。最後の呉原の末路も、杉本はふつうに話しているけど本当は傷ついているんじゃないかとか思い込みの激しい私は思ったりしました。

 

舞台は後半、主に栗原さんに焦点が当たっています。

彼女は10年後、コールセンターのバイトとかけもちで小劇場の舞台に立ちながら、バラエティのおもちゃにされていた。台詞のないエキストラとしてドラマに出ている。でも、きっと身体は売っていないんだろう。その上で自分の捨てられるプライドは捨てて貰えるチャンスは全部貰っている。

なんてかっこいいんだろうと思った。

彼女を惨めと言った元アイドルの横島さんはきっと10年経ったこの世界には女優としていないと思う。だって彼女には捨てられないプライドが沢山あるから。

栗原さんは、続けている。どんなに嫌なことがあっても、やりたいことを選んでやっている。例えばそれで日の目を見ることがなかったとしても、私はかっこいいと思う。素敵な人生だと思う。

周りなんて関係ない。結局自分の人生の責任は自分しか取れないし、全て自分が選んだことなんだもん。

私も栗原沙織のようにやりたいことを選べるようになりたい。そのためにいらないプライドは捨てられる人になりたい。

この世のどこかにいる栗原さんがもっと胸を張って、誇りを持って生きてくれることを願うばかりです。

 

しかし結局絶対人気出そうなけまりストライカーズが二作目すら作られなかったのは疑問。あと、呉原さんの10年後も一体あの柏木くん演じる太陽みたいな呉原さんに何が起こったのかちょっと唐突な展開すぎて気になりました。ここがなければ有川浩の「シアター!」みたいになったのに、ならないところが松澤くれはさん。

呉原さんの中盤の台詞、綺麗事ですが私は信じていたい。観客はバカじゃないし、時代は変わる。私たちが変えられる時代になる。上の世代に勝つには、綺麗事を本当にするには、腐るんじゃなくて賢くならなくちゃいけない。契約書はちゃんと読んで、約束も必ず書面で交わす。どんな世界でもあることだし、どんな世界にも悪い人はいる。腐りたくないならわたしも賢くならねばと思う。

 

そして自分の推しには芸能界で楽しく舞台に立っていていただきたいです。出来るだけ。

 

 

 

 

*1:みずみづは平井さんから家賃と生活費をもらえるレベルなら銀座でもっと稼げるから転職するのを強くお勧めする

*2:呉原さんってくれはさんと掛けてますよね。

モニタリンGood! ~それが大事~

なんだかんだと毎日観に行っていました。

芸人さんの瞬発力を遺憾なく発揮していた舞台でした。

◆あらすじ

場面は、とある普通のカラオケ屋。
2つの部屋に設置されたカメラの映像をモニタリングするTV番組のディレクターである久馬と石田。
2つの部屋では、解散寸前の漫才コンビ、不倫カップル、女子会の面々などなど様々な客が来店し様々な人間模様を描きます。その模様を二人は眺め、語り、時に店員として部屋に突入します。
その客たちの絡み合った関係性が明らかになり、 さらにあの歌手が本人役で登場し、この物語の意味が紐解かれ、やがて物語は大団円へと向かいます。さて、番組は無事収録できるのか・・

 

monitoringood.yoshimoto.co.jp

 

あるカラオケ屋さんでモニタリング収録をしているTVディレクター*1を石田さん。そのカラオケ屋さんの店主を久馬さん。この2人がほんとに凄くて…!!!毎回毎回掛け合いが全く違って毎回毎回笑い取ってました…。

芸人さんってすごい…。

カラオケしてるお客さんへのいじりも毎回変えるし、その時隣で聞いてる方の反応も毎回変わる。何度見ても楽しく観れる舞台でした。

 

カラオケにいるのは女子会、解散しかけの漫才コンビ、メンテナンスの人、面接の人、不倫?カップル、立川さんご本人。

この人たちが実は色々な関係を持っていて。どんだけ狭い街のカラオケ屋なんだって話ですけど笑

みんなリアルな演技で「あるある〜!」と思っていました。

 

その中で矢崎さんは解散を切り出す漫才コンビの相方、空くん。優しくて才能があって顔も良くてめちゃくちゃ良い人。なんだその設定って感じですが、矢崎さんがやると嫌味がないというか、嘘っぽくない。

これは本当に矢崎広の強みだなあと思ってます。もっとどろどろ悪い役でも結局好きなのでファンの欲目もあるかもですが。

現相方の太陽くんはさらば青春の光の森田さん。推しのプロとの漫才が観れるなんて思ってなくて最初は変な緊張が走りました笑

そんなの杞憂でめちゃくちゃ笑ったんですが!

ネタは石田さん作なのかなあ。すごく私好みでした。

漫才以外の掛け合いも面白くて、ひたすら愛しかったです。空くんは太陽くんにだけちょっと冷たいんですけど、そういうところも好きでした。

解散の場面や元相方の植ちゃん演じる忍くんとの場面はさすがの一言。泣く場面ではないのについ泣いてました。

笑いの場面もシリアスな場面も、矢崎さんは「なんて表情するんだろう…」って思わされるなあ。

そういえば青山空って名前が可愛すぎて、公演中やたらと連呼してました笑

石田さんや久馬さん、森田さんに推しをいじってもらえるのは嬉しかったです。もっと言ってほしいくらい*2

 

そしてこの作品で1番爪痕を残した植ちゃん。久しぶりの植田くんがこんなに出来る子とは思わず、びっくりでした。

甘い顔で可愛い割にしっかりしているのは知ってたんですが、ここまでする??ってほど全力で身体張っていて、私が観てなかったここ数年で一体なにが起きたのか不思議…。

加藤啓さんとのおっさんずラブ、毎回口がぶつかるくらい文字通り全力でぶつかっていて、なにを観ているのかよくわからなかった…。毎回顎が外れるかと思うくらい笑いましたありがとうございました。

 

昨年の魔王コントをきっかけに、石田さんのお芝居好きだなあと思っているので、*3次回は是非矢崎さんとがっつり絡む場面のある作品も観たいなあとわがままなことを思っています。

 

 

*1:AD1人以外の全てのスタッフからストライキ

*2:早乙女太一様レベルでいじってくれるとめちゃくちゃ輝きます。私調べです。

*3:熱海殺人事件最高でした!

ラヴ・レターズ(矢崎広 & 妃海風)

ブログへのモチベが下がってきたので、気分転換にはてなブログへお引越ししました。また少しずつ更新します。

 

観劇:2018/6/13 18:30  矢崎広&妃海風ペア

《あらすじ》

アンドリュー・メイクピース・ラッド三世と、メリッサ・ガードナーは裕福な家庭に生まれ育った典型的WASP (ホワイト アングロ サクソン プロテスタント‥‥‥‥アメリカのエリート人種)である。幼馴染みの二人は対照的な性格だ。 自由奔放で、束縛を嫌う芸術家肌のメリッサ。穏やかで、内省的、口よりも文章で自分を表現するのが得意なアンディー。 アンディーは自分の感じること、彼女についての自分の意見などを折にふれてメリッサに伝える。メリッサは手紙よりも電話の方が楽で好きだ。 しかし、電話で思ったようにコミュニケーションできないアンディーの手紙にはつきあわざるを得ない。

 

思春期を迎え、それぞれ別の寄宿学校に送られて過ごす二人。会えるのは休みで親元に戻った時だけである。 伝統的な暖かい家庭に守られているアンディー。一方、メリッサはアンディーより裕福だが、離婚と結婚を繰り返す母親のもとで孤独な思いを噛み締めている。 恋に目覚める季節、お互いを異性として充分意識する二人だが、どういう訳かぎごちなく気持ちは行き違い、しびれをきらしたメリッサは他の男の子とつきあってみたりする。そして、遂に決定的に結ばれるチャンスが巡ってきた夜、二人は友達以上にはなれない自分達を発見する。

 

大学を出た二人はいよいよ全く別の道を歩き始める…。

 

www.parco-play.com

あまりにも有名な朗読劇でいつかは観なければと思っていた作品。

ありがたいことに矢崎広さんがアンディを演るということで初めてのラヴ・レターズを推しで観ることができました。

 

舞台は椅子と机にお水が置かれているだけ。2人はずっと椅子に座ったまま、幼い頃から晩年まで送りあった手紙を読み合う形式。

 

アンディもメリッサもザ・欧米人で、私が共感できるところはあまりないかなといった感じでした。

アンディは手紙が大好きで大好きでデリカシーをどこかに置いてきたオタクぽい少年。メリッサはメンヘラ気のある気分屋で遊び好きの女の子。

2人は手紙を通してお互いを知り、そして実際に会って違和感を拭えないまま長く時を過ごします。

 

あまり共感できなかった2人ですが、アンディとうまくデートできなかった後日「手紙を通して見せているあなたは本当のあなたではない」とメリッサが言い放つ場面があり、これは割と経験あるなあと。

私もネット上の私と実際の私に乖離があり、それは小さな違和感を会った人に与えているのではないかと思ったりします。見えている部分が違うだけだったりするんだけど。

 

矢崎さんの演じるアンディはといえば、メリッサにそんなことを言われても手紙が好きで、手紙を書くという行為が好きで、書く相手はメリッサが1番!、と友情なのか恋情なのかどちらともとれないもはや執着のようなものを感じました。アンディにとってメリッサは手紙を書くことの延長線上にいるんだと思います。だから会うとすれ違う。お互いが見えない誰かを探すことになってしまう。

 

なのでこの2人は手紙のやり取りのみでなければうまくいったのでは、というすれ違いを作品中多々起こします。

手紙ってお互いが自分の気持ちと相手の気持ちを図るタイミングに時差がありすぎるんでしょう。結局2人の気持ちが同じ時間に重なったのは、だいぶ大人になってからで。

でもアンディにとって、どんなにスムーズでも手紙のない成功は意味をなさない。それくらい手紙を書くことへの熱を感じました。

 

結局二幕でアンディとメリッサは不倫関係にもつれ込むのですが、堕落したメリッサの魅力に抗えず会いに行くエリート議員のアンディは、正直色気の塊でした。倫理観と欲に揺れ動いて結局欲に負けてしまう時の色気といったら。二幕からスーツなのもあいまって最高でした。

矢崎さん本人がご結婚されて、よりこの辺りのリアリティや色気に拍車がかかったような気がします。

新たな幅を見せてもらった気がしました。

 

前半心の隙間を色んな人で埋めていたメリッサが、アンディへの気持ちを自覚してからの後半どんどん不幸になっていくのは見ていてしんどかったです。妃海さんのメリッサは媚びずに美しく、哀しかった。アンディ以外にもその弱さに気づいてあげられる人がいたら良かったのに。

 

この物語はメリッサの死で幕を下ろします。メリッサの葬儀に宛てた手紙がきっとアンディにとって最後の手紙なのでしょう。だんだんと落ちて行く照明のなか、メリッサへの手紙を読む場面は同時に手紙の中にいるもう1人のアンディの死も感じさせました。遠くを見つめる妃海さんのメリッサと一緒に静かに消えたようでした。

 

笑いも涙も苛立ちも伝わる繊細な朗読劇でした。ファンとしてはまたあと10年ほどしてから見てみたいような気がします。

最近手紙にまつわる朗読劇が多い矢崎さん。またお手紙を書こうと思います。

 

 

 

「ジャージー・ボーイズ 」イン・コンサート

2016年に読売演劇大賞も受賞し、わたしも2016年に観た作品の中で最も思い出深い舞台、ジャージー・ボーイズ 。9月からの再演に先立ち、世界初のコンサートが行われたので行ってきました。

セトリを思い出すのが大変で、どうしようかなあ…と思っていたら矢崎さんFC会報に全て載っておりありがたや!以下、楽しくて楽しくて仕方なかったコンサートの感想および備忘録です!

 

 

 

《出演》中川晃教藤岡正明中河内雅貴/伊礼彼方/海宝直人/矢崎広福井晶一/Spi
《コーラス》小此木まり/遠藤瑠美子/白石拓也/山野靖博 ほか 
音楽監督》ピアノ:島健 
 

 

《春》

Ces soirées-là [All cast]

8人で登場して、全員で歌うCes soirées-là!

本編ではボーイズたちは歌わないので貴重な1曲目でした。

めちゃくちゃかっこよくて早速倒れそうだった…。「YEAH」とか「a-ha?」などの合いの手(?)もかっこいい…spiさん本場…矢崎さんベンヴォーリオ*1感…!

そして、初めて聞く推しのフランス語!ナザールしてる…!!貴重すぎました。これだけで元取れる。

 

Silhouettes [Tommys]

ガラ悪い兄ちゃん3人組。

悪友感が凄かったです。

途中から「ああ〜〜!藤岡さんのトミー好きだ〜〜」ってなる台詞があるんです他の人も好きなんですけどごめん。だってフランキーのこと大好きなんだもん。すでにここから泣ける。

 

You're the Apple of My Eye [Tommys]

「ボンボンボンボンボンボンボンボンボンボンボン」で光夫さんが聞こえないので切なさ100億点

 

I Can't Give You Anything But Love [Tommys & 中川]

フランキー中川さん相変わらずうますぎた。そしてこの辺からバックのスクリーンに神がかっている初演映像が流れ始めてました。舞台じゃなくてドラマとして別撮りしてるのかと思った。WOWOWさんの底力すごい。

 

Earth Angel [Tommys]

トミーの曲で1番好きなこの曲。やはり甘い。好き。3人ともハーモニーの相性がとても良い。

 

Sunday Kind of love [中川&藤岡]

ボブ推しなのにどの口がと思われるかもしれませんが、ジャージーボーイズ の曲の中でこの曲が1番好きなんです。教会忍び込みソングなのに毎回心が洗われるような気持ちに。それを…それをこの歌唱力化け物コンビが…!このコンビはハーモニー最高すぎて耳が幸せ。ハグしようとするあっきーに「やめろよ!」って反抗した後笑顔でハグし返す藤岡さんに目も幸せ(*´-`)(この場面じゃなかったらごめんなさい)

 

My Mother's Eyes [中川]

ここもめちゃくちゃドラマ感。映画に合わせて公演するコンサートかと思った。

 

I Go Ape [伊礼]

モンキーダンスを一人で踊りまくって歌いきった伊礼さん。めっっっちゃノリノリの会場、真っ青なペンライトが印象的でした。それをちゃんと拾う伊礼さんってやっぱり心配りが細やかだなあ…。

 

《夏》

Short Shorts [矢崎・中川・藤岡・中河内・伊礼]

これはほんと矢崎広の顔芸と魅惑のお尻しか見てなくて他のキャストさんを見れませんでした。罪深し。だってポーズ毎に表情も動きもコロコロ変わるし、なによりボブでやるんだもん〜〜〜!ずるい…。海宝さん事務所NGなのかなとか冗談で言ってたんですが、*2終わった後颯爽と奥から登場するのがめちゃくちゃ面白かったです。海宝ボブはそうじゃなきゃ。

 I'm in the Mood for Love / Moody's Mood for Love [中川]

初演時ここの矢崎ボブの表情がめちゃくちゃめちゃくちゃ好きだったんですが、コンサートでは封印。再演ではどうなるのか気になるところです。

 

Cry for me [Bobs]

こんなことが起こると思っていました…?大好きなボブが2人でフランキーとボブを交互に歌うなんて…。

ああ、同じステージに決して立たないと思っていた2人がいる…お互いを温かく微笑んで見つめあっている…その奇跡をありがたく拝んでいました。海宝ボブはうますぎて笑うし、矢崎ボブには成長に涙です。

 

An Angel Cried [矢崎]

今雨を矢崎さんが歌うなんて知らない聞いてない。

最後の最高音毎回ドキドキしながら見守ってました。拍手してる海宝ぱいせん素敵。観客もここは思わず拍手でした。

 

I Still Care [海宝]

きれかわいい声で歌う海宝先輩っていう貴重な歌なのに、矢崎さんのフランキーパートにドキドキしててぜんっぜん集中して聞けなかった…hi Fis?かな…お疲れさまです…。

 

Trance [矢崎]

打って変わって低めボイス。喉仏をいじいじして調整する矢崎さん(笑)

これくらいのキーだとイケボがすごい…。

 

Sherry [Blue]

「さあ、皆さま準備はいいですか?」的な矢崎ボブの煽りがワクワク度を高めてくれる。2年前の振り付けが余裕で出来る自分にびっくりです。Blueはどんなチームになるんだろうなあ。

ボイスレコーダーを持っていなくてメモするくだりを2人のボブでやるんですが、このボブsは片割れ感が強くて好きです。映像中も2人並んで客席に背を向けて映像を指差しながら話していてとてもかなり微笑ましかった。あと、この2人タイミングばっちりなんです。ジャンプも着地も捌けるタイミングも。ビジネスライクなのに決めるとこは決めるところがなんともボブ感。

 

Big Girls Don't Cry [White]

ホワイトは相変わらずハーモニーが素晴らしい。この振りもPV撮影から仕込まれてるので踊れる…というか座ってるので踊れなくてもどかしいレベルでした。

 

Walk Like a Man [矢崎 海宝 中川 藤岡 中河内 spi 福井]

当方の藤岡トミー高音レーダーにより、藤岡さんが入ると意味わからないくらい感動するこの曲。再演は藤岡さんでこの曲を聞くことはないということを思い出しつらくて泣きました。

 

December 1963 (Oh, What A Night) [矢崎]

この曲が矢崎さんだけしか出てこなかったときの矢崎広クラスタの気持ちが分かるでしょうか…!

ありがたい!ありがたいけど恐れ多い!あと、ぱいせんのこなれたDT卒業も見たい!

しかし、矢崎さんも2年を経て世帯主になった余裕からか、ピアノにもたれてめちゃくちゃ大人の色気醸し出してました。大人の「甘い約束」でした。昇天。

 

My Boyfriend's Back [chorus]

女性コーラスの皆さん。今回バッグコーラスのため、黒と白に統一されてたんですがめっっっちゃかっこいい!あの当時的にはドッドのカラフルワンピなんだと思いますが、個人的には黒白でキメてバリバリ踊る女性たちがめちゃくちゃかっこよくてこちらの方が好きでした。

 

My Eyes Adored You [海宝]

ああ貴重。ああうまい。いい声すぎる永遠に聴いていたい。

 

Dawn (Go Away) [All cast]

この場面の台詞がこの作品の本質だと思っています。そしてそれをストーリーテラーとして語る矢崎ボブは最強で最高。涙目で訴える彼等彼女等にきっと私たちは含まれているのではないかな、そう観客役に思わせてくれてありがとう。

あともうDAWNも藤岡トミー高音レーダー発動する。彼女の幸せのために決別する歌なんですが、ホール中に響き渡った反射で後ろまで伝わった音が全力で背中をバンバン叩くような、そんな強引すぎる別れの歌なんです。無理矢理に前を向かせようとするような。いつも不可抗力で泣く。この曲を聴くとドッグファイトのエディを思い出すのはきっと私だけではないはず。DAWN 夜明け。

 

Walk Like a Man (リプライズ)

再度背中バンバン。盛り上がらざるおえなくなってからの休憩です。

 

《秋》

Big Man in Town [中川 藤岡 海宝 福井]

私にも分かる歌唱力選抜。

安定感ずば抜けていて、この4人だと即席でもこんなにまとまるのかと驚愕でした。

 

Beggin' [spi]

元々好きな曲だったんだけども、あまりの楽しさに我を忘れて青のペンライトを振り回しました。かっこいい…!歌上手い…!盛り上げも上手い…!真剣乱舞祭でも歌って…(無理)

最後のキメで客席に背を向け、カメラが真っ青な客席を背負ったspiさんを映した瞬間あまりのかっこよさに倒れそうでした。

spiさんのBeggin' の再演を、どうか!

 

Stay [中川 海宝 福井]

Stayと歌っているのに離れることを決意するニックが切なくて好きなんですが、そこは割愛でした。再演で楽しみます。

 

Let's Hang On! (To What We've Got ) [福井]

Stay省略はこのためだったー!あー上手い。めっちゃバルジャン。ニックはほんとこんなに上手いのにあまりソロがなくて贅沢な使い方すぎます。

 

《冬》

Opus 17 (Don't You Worry 'bout Me) [中川 矢崎]

まさかの歌わない矢崎氏。ここから中川あっきーの本領発揮です。

 

バイ・バイ・ベイビー Bye, Bye, Baby (Baby Goodbye) [中川]

初演の傘の演出を思い出してました。

フォーシーズンズは明るいのに切ない曲が多い。

 

C'mon Marianne [中川]

この曲、結構かなり好きなんです。プロデューサーが推すのもわかる。

 

Can't Take My Eyes Off You [中川]

最大の有名ソングきたーーーー。ってなりますね。

アンコールでこの曲英語で歌ってーってあっきーに言われたのに1ミリも歌えなかったので、再演までには歌詞を覚えようと思います。万が一歌ってーって言われた時用に。アンコールの話ばかりで恐縮ですが、やっぱりこの曲でjumpingするのめちゃくちゃ楽しいです。

 

Working My Way Back to You [中川]

あっきー無双。そういえばコーラスの男性陣もダンスキレッキレなんですよね。女性陣は言わずもがな。これもペンラ振るの楽しかった。

 

Fallen Angel [中川]

フランシーヌの悲しいくだり。

これから気持ちを切り替える時間なく時間が進むのでいつも心の中はバタバタしてます。

 

Rag Doll [中川 中河内 伊礼 海宝 矢崎 福井 spi]

問答無用で感動する曲。誰かを応援した経験のある人でこの場面が刺さらない人っているんでしょうか。

老いたみんなが思いを告げる場面は容姿に変化はないのに年月の経過が分かって俳優さすがすぎました。

 

Who Loves You [All cast]

1番楽しかったのは街灯の下で初めて声を合わせた瞬間だというフランキーからどこからともなく始まるこの曲が、タイムマシンのようで好きです。

「誰より愛をくれる人は誰?」という歌詞が名訳すぎる。

 

《アンコール》

Jersey boys

島健さんのピアノによるjerseyboysメドレー。メドレーというかすごすぎてもうこれはoverture。アンコールだけど笑

 

Can't Take My Eyes Off You

オールスタンディングで大盛り上がり。藤岡トミーと掛け合いがあるなんとも贅沢バージョン。

 

千秋楽、REDのニックである吉原光夫さんが来てくれていて終わった後キャストとお客さんの「光夫」コールで光夫さんが舞台に上がってくれました。凄まじい声援と凄まじい熱気、そして「俺たちが伝説のREDだーーーー!」と自画自賛する藤岡さんに白のファンも青のファンも赤のペンライトで見送るというなんともREDらしい台風のような終幕でした。

 

2年ぶりに観て、やはりジャージー・ボーイズは大好きで大切な作品だなあと改めて。

心ゆくまでコンサートを楽しんだので、次は再演。なんだかんだ折り返しまできたので、あと2ヶ月楽しみに待っています。

 

《過去記事》

 

k1mg.hatenablog.com

k1mg.hatenablog.com

 

 

*1:ミュージカル ロミオ&ジュリエット

*2:本当は時間足りなかったんですかね?

photograph51

@東京芸術劇場で観ました。

 

[あらすじ]

世紀の大発見をしたのは彼女。ノーベル賞をもらったのは彼ら。

 

女性科学者が殆どいなかった1950年代、ユダヤ系イギリス人女性科学者ロザリンド・フランクリン板谷由夏)は遺伝学の最先端を誇るロンドンのキングスカレッジに結晶学のスペシャリストとして特別研究員の座を獲得する。当初、彼女は独自の研究を行う予定でキングスのポストを引き受けたのだが、同僚ウィルキンズ(神尾佑)は、出合い頭、彼女を助手として扱う。この雲行きの悪い出合いが、その後彼女たちの共同研究のチームワークの歪みを作るきっかけとなる。形式上、共同研究者となったロザリンドとウィルキンズだが、二人は常に衝突を繰り返す。助手で指導学生ゴスリング(矢崎広)がおどけた調子で2人の橋渡しを図っても一向に効果はない。ぶつかり合いながらも、ウィルキンズはロザリンドに密かな恋心を抱くようになり、幾度も関係の改善を試みるが敢えなく不毛に終わる。ロザリンドが唯一心を許すのは、彼女に憧れを抱く若きユダヤアメリカ人科学者キャスパー(橋本淳)である。この事実もウィルキンズにとっては面白くない。子供じみた嫉妬をあらわにするが、ロザリンドにはウィルキンズの秘めた思いは全く通じていない。こんな調子であるから、当然研究も早く進むはずがない。ロザリンドが特殊カメラを駆使して撮影するX線画像は明らかにDNA構造の謎解きの鍵を映し出しているのだが、協力体制の取れていないロザリンド&ウィルキンズチームはその謎の解明に到達できない。そうしている間、野心家のアメリカ人若手科学者ワトソン(宮崎秋人)とウィルキンズの旧友クリック(中村亀鶴)がチームを組み、DNAの謎の解明に挑み始める。ウィルキンズを通じて、ロザリンドのX線画像の情報を入手したワトソン&クリックチームは、彼女の写真と論文を元にして、ついにDNA二重らせん構造の発見に成功してしまうのだった…

 

[感想]

孤高のダークレディとされていたロザリンドの生涯をシェイクスピア冬物語になぞらえて描いていました。

ロザリンドも冬物語も馴染みがない日本人には1回で理解するのは難しい話だったように思います。

1ミリも知らないまま業界に飛び込み、現在矢崎さん演じるゴスリングのようなことをやっている私ですが、不勉強ゆえ全然理解できない部分も多くありました。(ちなみに一緒に連れて行った弊社のロザリンドからは、「なにが理解できないのかが分からない、この仕事をやっているのに!」と怒られました笑)

しかし、早口でまくしたてる場面が多いので西欧版つか作品と割り切ればかなり面白く見れました。

後から色々勉強したのですが、核の構造を知るより冬物語を知った方が作品中頷ける部分が多かったのは、わたしがド文系だからかな…

ニコールキッドマン版も見てみたいのでNational Theater Live等でやってくれないかなあ…。アフタートークによると、ロンドン版ではゴスリングとキャスパーがいなかったらしいです。この2人が物語の緩衝材であり、第3者目線で話して着いていけるようにしてくれるので、いなくなるとかなりのギスギス展開ですが、ロンドンの人なら90分耐えられるのかしら…

以下、キャストごとの感想を簡単に

 

ロザリンド(板谷由夏)

板谷さん初舞台ということで、初日は観てるこちらも緊張して見守っていました。このぎこちなさや固さがロザリンドの不器用さにうまくはまっていたように思います。ロザリンドは自分のなすべきことを貫き通したいあまり、周りへの配慮が欠落しているのですが、そこがまさにリケジョという感じ。

観ていて共感できる部分と、配慮のなさに苛立つ部分とあったのですが、それはきっと羨ましいからだろうな、と。私の中にもロザリンドのような部分があったのに、傷つくこと叱られることが多すぎていつからか隠しながら生きるようになって。生きやすくはなったけど、自分の気持ちを貫いて強く生きているロザリンドが羨ましくもあるのだと思います。

孤独だと思っていたのに実は周りから愛されて認められていたロザリンド。そんなロザリンドの最後の台詞は冬物語ハーマイオニー評。自分とあの時のハーマイオニーの女優、どちらも名が残らない。それは単に演技があまり上手ではなかったから。ただそれだけのことだと、自分に言い聞かせたロザリンドは自分の人生をどう思っていたのでしょうか。

 

ウィルキンズ(神尾佑)

私に西欧版つか作品、という印象を与えたのは紛れもなく彼。

前作が新・幕末純情伝の坂本龍馬だったので余計にそう思ってしまいました。

ウィルキンズはとにかく台詞が多く、そしてそのほとんどがロザリンドとの口論なので聞き取れる自分にびっくりしました←

神尾さんの為せる技ですね。

几帳面で神経質なウィルキンズ。でも実はプライドが邪魔しているだけで優しく気配りができる人なので、後半は切なくなりながらウィルキンズを応援していました。彼もまた生きるのが不器用だっただけで、ロザリンドとはタイミングがかみ合わなかっただけで。自分の過失をずっと後悔して生きていた彼を思うと悲しくなりました。人生やり直しがきかないこともある。ウィルキンズはその象徴だったように思います。

 

ワトソン(宮﨑秋人)

若手の中で1番おいしい役だったのではないでしょうか。劇中最も嫌な役だと思うのですが、本人の明るさや可愛らしい純粋さが滲み出ていて、どちらかというと悪気のない天才肌、と印象づけていたように思います。ワトソンは名誉や栄光を手にしたいと思っていて、ロザリンドはあくまでも真理を探求していた。ただそれだけですし。

アフタートークによると実際にこの舞台を観たワトソンはひどく怒って退席したそうですが、秋人くんのワトソンを観てどう感じるのか気になるところです。この作品ではロザリンドの発見を横取りする奴として描かれていますが、実際に彼が見えたことで研究が大きく進んだのは事実ですし、発見を1番先に自分たちのチームでできなければ研究してなかったも同然になってしまうのですからワトソンの方が研究者としては当たり前な姿勢なわけで。作品でそこをもう少し平等に描いても良かったのかなあと思っています。ただ、個人的にはこの発見に大いに貢献したロザリンドへの評価には狭量な人だなあとは思っていますが。

 

クリック(中村亀鶴)

ワトソンのパートナーでウィルキンズの友達。口数が多くいつも哲学的な言葉を口にしていましたが、実はクリックの言葉が1番刺さり、1番共感できた人物です。クリックは至極真っ当な研究者で、ほんの少しでも世界に新たな発見をもたらしたいと考えていたところをワトソンによって大きく運命を変えられた印象でした。ワトソンが承認欲求の塊だったのとは違い、すでに地位も家庭もあったクリックにとって、果たしてこれ以上の栄誉など必要だったのか。栄光の裏の部分を担っていた存在でした。

 

キャスパー(橋本淳)

リア恋枠のキャスパー。ロザリンドが心惹かれる役ですが、観客にも1番好かれていたのではないでしょうか。手紙のやり取りをしていた頃からキャスパーはロザリンドを愛し敬って、彼女を生意気なリケジョではなく、1人の尊敬する研究者と扱っていたように思います。2人が直接出逢い、言葉を交わすのは後半からですが、ロザリンドは作中常に彼に支えられていたように思います。「好きなんですよ、あなたが…」とロザリンドに言う台詞が回を重ねるごとに良くなって、毎回ときめいていました。

 

ゴスリング(矢崎広)

この物語のストーリーテラーでもあり、最初から最後までロザリンドを見続けた人。皆に比べて能力は劣るけれど、それでもロザリンドを助手として精いっぱい支えていたのだと思います。ロザリンドもそのことに本当は気づいていたのに、ゴスリングには頼りきれなかったのだろうなあと思いました。

矢崎さんのコミカルで明るい演技はこの作品を親しみやすくしてくれたし、彼の台詞の間が作品の良いブレーキになっていました。(ともすると早口長台詞の応酬でどんどんスピードアップしていくので…)

ああいう院生やポスドクの方って結構いらっしゃるんですが、ゴスリングのようにコミュニケーション能力のあるしっかりした人って3割くらい(私調べ)な気がするので、シンポジウムめちゃくちゃやりやすそう…というのが個人的な感想です。

 

色んな立場の女性にエールを送る話でした。ぜひ海外版も観て感じ方を比べてみようと思います。

矢崎広FC“ONとOFF”ファンクラブイベント(2018.03.03)

矢崎広さん、945日ぶりのFC限定イベントでした。

《前回記事》 

k1mg.hatenablog.com

 

いつもとっても忙しい矢崎さんなのであんまりイベント等々ないのですが、行くととても幸せな気持ちを得られる大好きな場です。

昼と夜の部参加しましたので、両部まとめてつらつらと備忘録。抜けてるところはご指摘いただけると嬉しいです。

 

 

〈OP〉

ドラクエの音楽が流れ、ご本人の「いいか、逃げるなよ、背を向ければ切る」という土方さんの台詞が流れます。(昼は照れてた)そしてミュージカル薄桜鬼より「冷厳な瞳」を披露。

「自分の中に思うところがあって、譲れないものがあるなら真っ直ぐに前を見ていろ。そして…このイベントを楽しみやがれ!」

と。大好きな台詞だったので嬉しすぎました…!

 

そしてご挨拶。5月にある薄ミュの話もしていました。PVの真似したり。可愛かったです。

 

お洋服は昼が緑のジャケットに黒インナーで黒パンツ。靴下が紫?夜はベージュのロングカーディガンに白シャツ。下は思い出せないです…。夜の方がオフっぽい感じがありました。

 

〈QAコーナー〉

QAとリクエストが入っていて、矢崎さんが引いた質問もしくはリクエストを生歌で歌うコーナー。以下、順は覚えてないので適当です。

 

【昼】

・リクエスト:ミュージカルタイタニックより秋

あんまり思い出せない〜!と言いながらワンフレーズ歌ってくれました。JBがメンバー変更で青になった件にも触れて「まさくんがタイタニックに出るから思い出して…まあスケジュールとかだからね、仕方ないんですけど」とちょっといじけていました笑

 

・最近夢中になってること

ネットショッピングにはまってる!家のDIYとか、今賃貸でも出来る壁とか柱とかあるんですよー。で、ドライバーも欲しくなっちゃって色々ネットで調べながら見てる。

 

リクエスト:世界の王を歌ってください

ロミジュリの世界の王ひとりでアカペラ歌ってくれました。

 

・ミュージカルの歌が出てくることはありますか?

よくある。控室でゆーた(古川雄大くん)と…いやゆーたなに考えてるかわかんないからな…「闇が広がーる!」とか歌っちゃう(ミュージカル エリザベートより)

 

・役の台詞が出ることありますか?

土方さんをやるときにあった。べらんめえ口調になったり舌巻いたり。

「なんか口調変わってない?」

ぴ「そんなことねえんだけどな」(←べらんめえw)

声もその時やってる役で高くなったり低くなったりする。

 

・ツネのかわいいところ

全部!最近インスタあげられないのは大人になって(せいびょう…せいねこ…?おっきなねこ!)すぐ逃げる写真撮れない。撮ろうとすると逃げる。でも冬は布団に入ってくれるからいい。でも俺が気づいたってわかると暴れて出て行くから脇腹が傷だらけ…

お水飲む時もツネは忍者だから毒味する。手で水汲んで飲んでびしゃびしゃになる。

 

ツネ様と似てるって言われるけど似てる…?そうだとしたらどっちがよってってる…?おれ猫になりたい…ということはおれ…?おれがよってる…?

 

・疲れの取り方

酸素カプセルこわい。閉塞感がこわいので前世でなにかあった。

 

・双子になったら

ナルトの螺旋丸やりたい

 

・チャレンジしたいこと

最近殺陣をやってないので、やってみたい。30代になってまた違った表現があると思う。

 

【夜】

・新しい環境で気をつけてること

いい子過ぎずいること。なるべく自分を出す。会ってすぐ殴らなきゃいけない(芝居で)世界だったりするので。

 

・歴史上の人物でやってみたい役

軍師(ぐん…じ?し?客:し!笑)の役!

石田三成とか黒田官兵衛とか、彼らが時代を動かしてるんじゃないかと思う。元々一番上より人を補佐する役が好き。土方さんとかね。

 

土方歳三を演じる上で心がけていたこと。

がく(松田岳)も井澤(井澤勇貴)もヒデくん(佐々木喜英)も「ひろしくんの土方歳三が最高すぎて…」って言ってくれるんだけど、僕の前には三木眞一郎という壁があった。僕は三木さんの土方歳三が大好きで、一度お話もさせてもらった。三木さんは本当に薄桜鬼への愛が強くて、その話を聴けたことは宝物。真似しようと思ってもあの話し方は真似できなくて、「真似するのはやめよう」と思ったら似てると言われるようになったのは不思議。耕史さんの土方さんもいいよね。

 

・リクエスト:薄ミュの歌を歌ってください

えー!なにがいい?「こーのーこぶし!振りかざすとき!」…天霧だった郷本さんは同じひまわりという事務所で、一緒にイベントやったこともある僕にとってはお兄さんみたいな先輩だから、ついディスりがちなんですけど、大好きです。あとは…

「みんなの笑顔見たい〜笑いあってすごしたい〜(平助)」←平助めちゃくちゃにてる…!

「裏切りはやめろよ(新八)」←もはや秋人本人

「さあ、盛り上がっていくよ!(沖田)」←半笑い

「刀になるだけ(斎藤)」←微妙…笑

 

モノマネ大会でした!「ディスってないよ!じゅんや(池田純矢)は自信あるんだよね…笑」と矢崎さん

 

・最近ご覧になったドラマや映画は?

テレビ番組なんだけど、あいのりにはまってる!あれ多分あんまり台本とかないと思う。時代のせいなのか全然カップルできないの!笑

告白されても「あいのりにきたからには自分から告白したい!」って。告白側も「正直に言ってくれてありがとう!(リュック背負って)みんな!いい恋愛しろよ!」って去ってくみたいな。Netflixで毎週の楽しみです。

 

・最近の喜怒哀楽

喜→このイベント

怒→ツネが靴紐を噛んでぐちゃぐちゃに

哀→さみしい

楽→ツネかわいい

 

・長所と短所

長所は…声?短所は全部。恥ずかしがり屋だし…。長所もちゃんと言えないとだめだね。

 

・演技が上手になるためやっていること

若い頃は色々なメソッドをやってたけど、今はあまりやってない。

昔は相手を見て思うことをひたすら言うっていうエチュードをやっていた。

今は上手な人を見て盗む

 

・最近あった怖いこと

たくさんある。いきなり社長が見に来たりとか小栗旬せんぱいが来たりとか。あと、劇場も色々あって時計が根元から切れたり、ネックレスが切れてないのに先だけ取れたり。お祓い行ったら治りました。お祓い、いいですよ!

 

シェークスピアでやりたい役

10代の頃研修公演でやったのがパック。パックとライサンダー。パックの台詞って面白い。「ダッタン人の矢よりも早く」…あ、これダッタン人ジャーン!(ちょっとSYO様入る)

 

座右の銘

選んだ道を振り返って後悔したり迷うのではなく、その道をより良くするためにがんばる…。為せば成る?

 

・鳥貴族で好きなメニュー

ささみにワサビのってるやつ。ヘルシーだし。

好き嫌い分かれると思うけど皮も!皮は絶対タレ。

あとはひたすらハイボールのみます。

 

・好きな名産品

高知のカツオ!カツオ元々好きだったけど美味しかった。山形はなんだろー?山菜そばかな。安易にさくらんぼと言わないのが山形県民ぽいでしょ。

 

・好きな音楽

最近はワンオク!あとは海外のヒットチャートは聴くようにしてる。ミュージカルの原曲も。

 

・リクエスト:ミュージカルロミオ&ジュリエットよりエメ

ジュリエットも歌ってました

 

・リクエスト:ミュージカル「ミス・サイゴン」より Why god why

何度も言うけどめちゃくちゃ良かったです。

 

・わたしは一眼レフを始めたんですが、これから始めたいことありますか?

俺も一眼レフやりたい!なんでカメラってあんなに高いんだろうね〜。あとは動画編集とかPCできるようになりたい!PC苦手なんだよねえ…。この間スタッフさんに「メールCCにいれて!」って言われて…CCってわかる?(みんなわかる)おれ分かんなかった…笑

 

〈R&Jについて〉

小川ゲンくんがゲストで2人でトーク

以下昼夜ごちゃまぜ

・ゲンくんCCはわかる笑

・「あもーあますあまとぅす」というラテン語を早口で言うのがとても大変だった。矢崎さんはできるようにするためラップの動画を見て研究した。

・本を椅子の上に重ねてそれを舞台の端に移動するのが矢崎さんだけ大変だった。まず本を重ねるとおしゃれなパンケーキみたいなバランスになり、椅子を動かすとそれが崩れてヘンゼルとグレーテルのお菓子みたいになる。反対側のともくん(柳下大)はめちゃくちゃ速くてどんどんスピードアップするからゲンくんはいつもその場面笑いそうになってた。

・ロッカーに入るのと赤い布を取るとロミオとジュリエットが出会うのは役者の案

・カーテン薄いけど入ると安心する。役者だから。

・入れ替えるならゲンくんロミオで矢崎さんジュリエット

・入れ替えは昔乱痴気でやったけどめちゃくちゃ大変だった。見てるのとは違って全然思うようにできない。

・学生たちは夜な夜な抜け出してるから始めて本を読み上げたわけじゃないけど、ロミジュリは初めてだったのではないかと思う。

・それまでは何読んでたのかなー。「ジャックと豆の木」とか?ジャックめちゃくちゃ悪いよね。自業自得だよね。と謎にジャックと豆の木を詳細に覚えている矢崎さん。

・トライストーン舞台はなぜか全然台詞を覚えていられない。ロボロボとか好色とかシャッフル、大江戸も覚えてるのにR&Jはもう忘れつつある。なんだろうね、不思議。

・ゲンくんのお母さんはR&Jが好きで5回くらい観に来てくれた。ケーキ差し入れてくれたり、バレンタイン近かったからチョコレートももらった。

 

〈朗読〉

矢崎さんがやりたくて考えた朗読コーナー。絵本の「おおきな木」を読んでくれました。矢崎さんめちゃくちゃ良い声なのでとても嬉しい。またこういうコーナーが欲しい。

 

〈リクエストコーナー〉

リクエストが多かった曲を披露

昼:ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」より“どうやって伝えよう”

夜:「モマの火星探検記」より“A Message to other world”

 

〈プレゼントコーナー〉

1.R&J使用本

2.R&Jの使用キャンドル

3.おおきな木

4.矢崎画伯の自作イラスト

花粉くんから始まり最近絵が上手になったらしい矢崎さん笑

昼はスカイツリー、夜はツネ様をリクエストされていました。

 

ひとりひとりの席に行って丁寧にサインして対応。

 

〈矢崎さんの歌いたい曲コーナー〉

昼:一青窈の“ハナミズキ

昔10代のころ歌ったイベント以来久しぶりに歌う好きな歌だそうです。

夜:クリス・ハートの“I love you”

色んなリクエストをもらって、でも矢崎さんがどうしても皆さんに聞いてほしいと思って練習した曲。これがめちゃくちゃ難しい曲で愛が重くて(笑)こんな選曲をする矢崎さんが私は大好きなんだと改めて思いました。

 

〈集合写真&握手〉

列ごとにクラス写真のように矢崎さんと写真撮影。

最初は矢崎さんがポーズ指定でしたが、夜は途中からお客さんが指定したり。

握手してポストカードもらいお別れでした。

 

 

矢崎さんの温かさ、誠実さが溢れまくったイベントでした。一人一人に丁寧に対応してくれて、握手も短い時間でしたがしっかりと目を見てお話してくれました。

矢崎さんのファンの方ってみんな本当におおらかで優しくて人として出来ている人が多くて。マチソワ間は20人でお茶して、終演後30人で写真撮って20人でまた飲みに行って。

サークルのような楽しすぎる時間を公演中も公演以外も過ごしていました。

またこんな時間が過ごせますように。これを糧に明日からも頑張ります。